メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主導権奪えず、東芝・金子の頰に涙「五回でたたみかけていたら…」

○千葉市・JFE東日本5-4川崎市・東芝●(24日・東京ドーム)

 試合後の通路を行く川崎市の選手の頰には皆、涙の跡があった。

 「悔しいです」。五回に投手強襲の同点打、延長十回には勝ち越しの右越えソロ本塁打を放った金子はそう漏らした。

 千葉市には、プロ野球・DeNAから復帰した右腕・須田が抑えにいる。前半のうちに得点し、主導権を奪いたい。それは選手に共通した思いだ。

 二回、三回と得点圏に走者を置きながら無得点。1点を追う五回は1番・佐藤からの3連打で同点とし、なお…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです