メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JFE東、若手中心の「超攻撃野球」で戴冠

 チームが掲げる「超攻撃野球」を頂上決戦で体現した。若手選手の多くがよちよち歩きをしていた頃から21年。川崎製鉄千葉時代の先達の借りを返した千葉市の中心にいたのは、その若手たちだ。

 同点で迎えた四回。1死満塁で2番・今川に打順が回った。「今日は僕がヒーローになる」と念じ、低めに入った初球をすくい上げて勝ち越しの左前適時打。続く峯本も中前にはじき返し、この回、一挙に4点を挙げた。

 準決勝までの4試合で逆転サヨナラ勝ちが3試合と勝負強い打線だ。落合監督が描く超攻撃野球の設計図はこうだ。1番打者が出塁すると、2番打者は送りバントをするのがセオリーだが、「ビッグイニングにつなげたい」と考える指揮官は、2番にパンチ力のある今川を配置。チーム内の競争でレギュラーを勝ち取った峯本を3番、平山快を4番に起用して得点力を上げる。こうして新人のみで布陣する2~4番ができた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです