メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ、鍛えてきた堅守に痛恨のほころび

 目前に迫った2度目の黒獅子旗をつかみ損ねた。準決勝までの4試合でわずか1失策だった豊田市は、鍛えてきた堅守にほころびが出たのが痛かった。

 同点とした直後の四回無死一塁。この回から登板した2番手左腕・村川にとっては、内野ゴロを打たせて併殺に仕留めたい場面だ。狙い通りに遊撃手・樺沢の正面にゴロを打たせた。

 ところが、樺沢からトスを受けた4年目の二塁手・北村が落球。昨年のアジア大会で社会人日本代表に名を連ねた名手は「打球が高くはねていて、二つアウトを取ろうと急いでしまった」と悔いた。2死走者なしとなるところが、一転して無死一、二塁のピンチを招くと、その後、単打5本を許して一挙4失点。六回に北村が適時打を放つなど2点差まで追い上げたが、14年目の抑え・佐竹を送り込む前に試合の行方が決まってしまった。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです