メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元プロ、古巣で恩返し「気持ちが乗った」胴上げ投手に「感無量」

【豊田市(トヨタ自動車)-千葉市(JFE東日本)】九回表を3者凡退に抑えて優勝を決め、喜びを爆発させる千葉市の須田(手前)=東京ドームで2019年7月25日、吉田航太撮影

 ○JFE東日本6-4トヨタ自動車●(25日・東京ドーム)

 最後の打者を見逃し三振に仕留めると、満面の笑みで両腕を突き上げた。狭山市・ホンダの補強選手だった第80回大会(2009年)以来の胴上げ投手になった上に橋戸賞(最優秀選手賞)を獲得。「(補強選手で)お客さんだった前回とは全然違う。感無量」と喜びをかみ締めた。

 今大会これまでもピンチを切り抜けてきたが、この日も2点リードの七回2死二、三塁でマウンドに上がった。今大会2本塁打と好調の豊田市の5番・多木に対し、直球勝負を挑んだ。4球目、外角139キロ直球を打たせ、三ゴロに打ち取った。八、九回も3者凡退に抑えて、歓喜の瞬間を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです