メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「超攻撃野球を強化し来年も飛躍」都市対抗野球・優勝のJFE東日本が優勝報告

第90回都市対抗野球大会で優勝し、毎日新聞東京本社を訪れ優勝報告をした千葉市・JFE東日本の選手と関係者ら=東京都千代田区で2019年7月26日午前10時10分、根岸基弘撮影

 東京ドームで25日に閉幕した第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)で、出場23回目にして悲願の初制覇を遂げた千葉市・JFE東日本の選手たちが26日、毎日新聞東京本社を優勝報告に訪れ、改めて喜びをかみしめた。

 豊田市・トヨタ自動車を6―4で破った前夜の決勝を振り返り、落合成紀監督(37)は「選手が試合ごとにたくましくなり、決勝で最高の形になった。追われる立場になるが、もう一度『超攻撃野球』を強化し、来年も飛躍したい」と誓った。

 最優秀選手賞の橋戸賞に輝いた須田幸太投手(32)は「連覇を目指すのはもちろん、もっと社会人野球を盛り上げていきたい。そのために強くなり、皆さんに見てもらえるように精進したい」と王者としての使命感を口にした。

 毎日新聞社の丸山昌宏社長は「スタンドを埋めた多くの観客が最も喜ぶ形で決勝を制し、記憶に残る試合となった。来年はディフェンディングチャンピオンとして、ぜひ連覇を果たしてほしい」と激励した。【芳賀竜也】

あわせて読みたい

広告

7月25日の試合

話題の記事