メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

総括 投手分業制進む 20年ぶり満塁弾5本

橋戸賞を受賞した千葉市・JFE東日本の須田=東京ドームで2019年7月25日、丸山博撮影

 第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は25日の決勝で、千葉市・JFE東日本が豊田市・トヨタ自動車を破り、23回目の出場にして念願の初優勝を遂げて幕を閉じた。記念大会のため前回よりも4試合増え、本塁打は第81回大会(2010年)以来の40本台となる43本。中でも満塁本塁打は金属製バット時代の第70回大会(1999年)以来の5本を記録した。完投数は昨年より6減って4と、第76回(05年)の1に次ぐ少なさだった。【芳賀竜也】

 投手分業制が顕著だったのが千葉市、豊田市の両チームだ。千葉市は本田とオールフロンティアから補強の左腕・高橋を交互に先発させた。本田は3試合で5回以上投げたが、準々決勝の6回が最長だった。高橋は四回までにスイッチした。日本製鉄かずさマジックから補強された中継ぎの橘から抑えの須田につなぐパターンを確立した。橋戸賞(最優秀選手賞)に輝いた須田が全5試合で計14回を投げて17奪三振、無四球、自責点1と安…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです