メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブ野球選手権

マツゲン箕島「今年はV」誓う 27日初戦 /和歌山

フルスイングが持ち味のマツゲン箕島の4番、岸翔太選手=大阪府貝塚市半田の日本生命野球部グラウンドで、後藤奈緒撮影

 クラブチームの日本一を決める、第44回全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)が26日、埼玉県所沢市のメットライフドームで開幕する。県からはマツゲン箕島硬式野球部が西近畿代表として3年連続で出場する。前回、準優勝に終わった悔しさを胸に優勝を目指して練習に励んできた。チームの初戦は27日で、東海地区代表の「矢場とんブースターズ」(愛知)と対戦する。大会を前に、選手や監督を紹介する。【後藤奈緒】

 チームは有田市を拠点に活動する社会人野球チームで、所属選手全30人は県内を中心に展開するスーパー「松源」の社員として働く。勤務時間後や休日に練習に励んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです