メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブ野球選手権

マツゲン箕島「今年はV」誓う 27日初戦 /和歌山

フルスイングが持ち味のマツゲン箕島の4番、岸翔太選手=大阪府貝塚市半田の日本生命野球部グラウンドで、後藤奈緒撮影

 クラブチームの日本一を決める、第44回全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)が26日、埼玉県所沢市のメットライフドームで開幕する。県からはマツゲン箕島硬式野球部が西近畿代表として3年連続で出場する。前回、準優勝に終わった悔しさを胸に優勝を目指して練習に励んできた。チームの初戦は27日で、東海地区代表の「矢場とんブースターズ」(愛知)と対戦する。大会を前に、選手や監督を紹介する。【後藤奈緒】

 チームは有田市を拠点に活動する社会人野球チームで、所属選手全30人は県内を中心に展開するスーパー「…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1525文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです