メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブ野球選手権

マツゲン箕島「今年はV」誓う 27日初戦 /和歌山

フルスイングが持ち味のマツゲン箕島の4番、岸翔太選手=大阪府貝塚市半田の日本生命野球部グラウンドで、後藤奈緒撮影

 クラブチームの日本一を決める、第44回全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)が26日、埼玉県所沢市のメットライフドームで開幕する。県からはマツゲン箕島硬式野球部が西近畿代表として3年連続で出場する。前回、準優勝に終わった悔しさを胸に優勝を目指して練習に励んできた。チームの初戦は27日で、東海地区代表の「矢場とんブースターズ」(愛知)と対戦する。大会を前に、選手や監督を紹介する。【後藤奈緒】

 チームは有田市を拠点に活動する社会人野球チームで、所属選手全30人は県内を中心に展開するスーパー「…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです