メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

七十七銀行 都市対抗の悔しさバネに 十一回逆転サヨナラ、代表つかむ

○七十七銀行5-4日本製紙石巻●(24日・仙台市民)

 第45回社会人野球日本選手権の東北最終予選は代表決定戦を行い、七十七銀行が延長十一回の末、日本製紙石巻に逆転サヨナラ勝ちして5大会ぶり10回目の本大会出場を決めた。

殊勲打・長田「きつい試合。皆で我慢した結果」

 延長十一回、1点差を追いついてなお1死満塁。七十七銀行の6番・長田(おさだ)が初球を左前へはじき返し、勝利を呼び込んだ。

 再三の好機を生かせないまま、十一回にリードを許す苦しい展開。その直後に敬遠四球をはさんだ4連打と果敢な走塁で逆転した。「1点が遠く、きつい試合だった。皆で我慢した結果の勝利」。長田は歓喜の輪の中心で、思わず目を潤ませた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです