メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権予選 東北 七十七銀行、5大会ぶり10回目

 24日、東北で代表決定戦を行い、七十七銀行が日本製紙石巻に延長十一回、逆転サヨナラ勝ちで5大会ぶり10回目の出場を決めた。

延長サヨナラ 「荒療治」結実

 延長十一回、1点差を追いついてなお1死満塁。七十七銀行の6番・長田(おさだ)が初球を左前へはじき返し、勝利を呼び込んだ。

 再三の好機を生かせないまま、十一回にリードを許す苦しい展開。「1点が遠く、きつい試合だった。皆で我慢した結果の勝利」。長田は思わず目を潤ませた。

 都市対抗は1回戦で浜松市・ヤマハに延長十回、1-2で敗れた。2安打に終わった野手陣は大会後、一体感…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです