メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

完封一番乗りは内野手登録の背番号「2」

社会人野球の全日本クラブ選手権1回戦で、YBC柏を相手に被安打4で完封したビッグ開発クの宮城海人=埼玉県所沢市のメットライフドームで2019年8月27日午前10時21分、真下信幸撮影

 社会人野球の第44回全日本クラブ選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第2日の27日、埼玉・メットライフドームで1回戦を行い、3年ぶり2回目の優勝を目指すビッグ開発ク(沖縄)が2―0でYBC柏(千葉)を降した。

 抜群の制球力を生かし、今大会完封一番乗り。それを果たしたのが、内野手登録の背番号「2」というのだから驚きだ。

 序盤から130キロ台後半の直球とスライダーを低めに集め、凡打の山を築いた。七回は先頭打者に左前打を浴び、この試合初めて無死から走者を背負った。それでも、冷静さを失わず、4番・浦崎をスライダーで三ゴロ。2死後、6番・早津には低め直球で二ゴロに仕留めた。その後も丁寧にコーナーを突き、被安打4で四球はわずかに一つ。「狙い通りに打たせて取れた」と自賛した。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです