メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マツゲン箕島2年ぶりの頂点 4年目左腕の和田、フォームを横手に変え大活躍

【OBC高島-マツゲン箕島】相手の失策の間にコールド勝ちの本塁を踏んだ岸(手前)の周りに集まって喜ぶマツゲン箕島の選手たち=埼玉・メットライフドームで2019年8月29日、丸山博撮影

 今年、和歌山箕島球友会からチーム名が変わったマツゲン箕島。計4試合で一度もリードを許さず、2年ぶりの頂点に立った。その原動力は、今季からフォームを横手に変えた4年目左腕の和田だ。

 決勝では130キロ台後半の直球とスライダーを軸に五回1死まで完璧に抑えた。初安打に失策が絡んだ五回1死一、二塁がこの日唯一のピンチだった。「外角中心に攻めていたので、内角に食い込む球で打ち取れる」と、次打者を内角に…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです