メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄電力とホンダ熊本、代表決定戦進出 九州地区予選

【沖縄電力-JR九州】七回表沖縄電力1死三塁、スクイズを決め一塁コーチとハイタッチする平良大(右)=宮崎市のアイビースタジアムで2019年9月3日午前11時49分、黒澤敬太郎撮影

 社会人野球の第45回日本選手権九州地区予選(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)は3日、宮崎市のアイビースタジアムで準決勝2試合があり、沖縄電力とホンダ熊本が4日に同球場である代表決定戦(午後0時半)に進んだ。沖縄電力は3投手が粘りの投球でJR九州の追い上げをかわした。ホンダ熊本は延長タイブレークの末、サヨナラ勝ちで宮崎梅田学園を降した。敗れた2チームは4日の敗者復活戦(午前10時)に回る。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです