メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「直球一本」パナソニック・松根が口火 貧打返上、最長連続出場決める

【パナソニック-カナフレックス】六回表パナソニック1死二塁、適時三塁打を放った松根(右)=わかさスタジアム京都で2019年9月6日、梅田麻衣子撮影

 社会人野球の第45回日本選手権近畿予選は6日、わかさスタジアム京都で代表決定戦2試合が行われた。パナソニックはカナフレックスに競り勝ち、25大会連続40回目の本大会出場を決め、最長連続出場と最多出場回数をともに更新した。

 重苦しい雰囲気を変えたのは、パナソニックの2番・松根優による3ボールからの強振だった。

 1点差に迫られた直後の六回1死二塁。3ボール後に「打ってもいい」という田中篤史監督のサインを見た松根は「直球一本に絞った」。134キロの真ん中直球を引っ張ると、右中間を破る貴重な適時三塁打となった。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです