メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ガス・松谷 待望の公式戦初安打に「ほっとした」

【大阪ガス-NTT西日本】大阪ガスの松谷=わかさスタジアム京都で2019年9月6日、梅田麻衣子撮影

 ○大阪ガス5―1NTT西日本●=6日・わかさ京都(代表決定戦)

 社会人野球の第45回日本選手権近畿予選は6日、わかさスタジアム京都で代表決定戦2試合が行われた。大阪ガスはNTT西日本に快勝し、7大会連続23回目の本大会出場を決めた。

 二塁ベースに到達すると「球春到来」とベンチの選手から冷やかされた。「ほっとした」。大阪ガスの正捕手・松谷竜暉にとって今季公式戦初安打が貴重な追加点につながった。

 二回に遊ゴロで1点を先取し、なお1死一、三塁。制球に苦しむNTT西日本の右腕・吉元一彦を見て「内角は捨てて外を張ろう」。126キロのカットボールを踏み込んで引っ張ると、三塁線を破って三塁走者を還した。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです