メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伯和・中西、決勝2点打 スイング微修正てきめん 無安打一転固め打ち

【伯和ビクトリーズ-ツネイシブルーパイレーツ】四回表伯和ビクトリーズ2死二、三塁、中西が右前2点適時打を放ち、本塁送球間に二進してガッツポーズ=東広島アクアスタジアムで2019年9月7日、大東祐紀撮影

[PR]

○伯和ビクトリーズ5―1ツネイシブルーパイレーツ●=7日・東広島アクア(敗者復活2回戦)

 社会人野球の第45回日本選手権中国予選は7日、東広島アクアスタジアムで敗者復活2回戦2試合が行われた。伯和ビクトリーズはツネイシブルーパイレーツに逆転勝ちし、敗者復活3回戦に進出した。

     快打を連発した。伯和ビクトリーズの3番・中西玲人(りょうと)が決勝2点適時打を含む3安打を放った。

     同点の四回2死二、三塁、ツネイシブルーパイレーツの3番手右腕・小野晋一郎のカウント2―2からのチェンジアップを引っ張り、一、二塁間をしぶとく破った。2人を還し、自身も本塁送球間に二塁を陥れてガッツポーズ。「相手投手は変化球が多い。追い込まれていたので、変化球を狙った」と配球を読んでいた。無安打に終わった前々日の試合を機にバットを寝かせて構えるように微修正したところ、スムーズに振れるようになり、4打数4安打だった前日に続く固め打ちだ。

     奈良学園大出の2年目。和歌山・箕島高3年時に主将を務めて夏の甲子園に出場し、1回戦敗退ながら1安打を放った。全国制覇4回の母校の甲子園出場はそれが最後で、当時の同学年のチームメートで野球を続けている者はいない。「僕が全国で活躍し、『箕島のやつが頑張っているな』と思ってもらえれば」と考えている。

     チームは日本選手権で4強に入った2015年を最後に、本大会出場はない。「何としても出たい」。好守巧打の遊撃手は自身初の京セラドーム出場を誓う。【大東祐紀】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです