メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇襲セーフティーバント成功 足生かす決意 日本製鉄広畑・堀口

【ニチダイ-日本製鉄広畑】二回裏日本製鉄広畑2死一、三塁、捕前適時内野安打となるセーフティーバントを決めた堀口=京都市右京区のわかさスタジアム京都で2019年9月7日、安田光高撮影

 社会人野球の第45回日本選手権近畿予選は7日、わかさスタジアム京都で敗者復活2回戦2試合が行われた。日本製鉄広畑はニチダイにコールド勝ち、三菱重工神戸・高砂は島津製作所に快勝した。8日は代表決定戦残り2試合があり、カナフレックス―三菱重工神戸・高砂、日本製鉄広畑―NTT西日本が対戦する。

 「二度あることは三度ある」と言うが、意表を突くセーフティーバントだった。2点リードの二回2死一、三塁、左打席に入った日本製鉄広畑の2番・堀口裕真は「サインを見間違えたと思った」と目を疑った。浜口直也監督の指示はセーフティーバント。この回にスクイズを2度成功させ…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです