メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権 北信越最終予選 県勢、本大会出場逃す フェデックスと信越クラブ /長野

 第45回社会人野球日本選手権最終予選北信越地区大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)は第2日の7日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで準決勝2試合があり、県勢のフェデックス(塩尻市)と信越クラブ(長野市)はいずれも敗れ、本大会への出場を逃した。

 2大会ぶりの本大会出場を目指したフェデックスは伏木海陸運送(富山県高岡市)に1―2と、あと一歩及ばなかった。今夏の都市対抗に出場した信越クラブはバイタルネット(新潟市)に延長戦で勝ち越しを許し、1―3で敗れて県勢チームは姿を消した。

 代表決定戦は8日午前10時から同球場であり、勝者が10月に京セラドーム大阪(大阪市)で始まる本大会に出場する。【露木陽介】

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです