メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿、NTT西日本が8大会連続21回目の本大会出場 社会人野球日本選手権

【日本製鉄広畑-NTT西日本】サヨナラ勝ちで近畿代表を決め、喜ぶNTT西日本の選手たち=わかさスタジアム京都で2019年9月8日、川平愛撮影

 ○NTT西日本1―0日本製鉄広畑●=8日・わかさ京都(代表決定戦)

 社会人野球の第45回日本選手権近畿予選は最終日の8日、わかさスタジアム京都で代表決定戦が行われ、NTT西日本は日本製鉄広畑にサヨナラ勝ちし、8大会連続21回目の本大会出場を決めた。

 打った瞬間、「外野を越える」と確信した。九回1死二塁からNTT西日本の3年目・浜田祥伍が放った右中間サヨナラ二塁打。今年の都市対抗2次予選で2度、抑えられた日本製鉄広畑の右横手・川瀬航作を最後につかまえた。

 打ったのは高めの146キロの直球。「唯一、打てる球」(浜田)を呼び込んだのはそれまでの粘り。低めへの140キロ台中盤の直球などをカットし、6球目の失投を仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです