メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿、三菱重工神戸・高砂が3大会連続24回目の本大会出場 社会人野球日本選手権

【カナフレックス-三菱重工神戸・高砂】三菱重工神戸・高砂の先発・高橋=わかさスタジアム京都で2019年9月8日、川平愛撮影

 ○三菱重工神戸・高砂2―1カナフレックス●=8日・わかさ京都(代表決定戦)

 社会人野球の第45回日本選手権近畿予選は最終日の8日、わかさスタジアム京都で代表決定戦が行われ、三菱重工神戸・高砂はカナフレックスに競り勝ち、3大会連続24回目の本大会出場を決めた。

 低めに集めながらも四球は出さない制球力は、三菱重工神戸・高砂の大黒柱・守安玲緒に似ている。今夏から先発に転向した5年目の右腕・高橋涼平が打たせて取り、5回を投げて無四球1失点と試合を作った。

 一回1死二塁。カナフレックスの3番・前出築を127キロのフォークで空振り三振に仕留めた。「浅く挟んだ方のフォークが良かった」と、8月に覚えたもう一つのフォークが効果的だった。浅く握ることで従来より球速が出る分、直球と見分けづらい。投球の幅が広がり、持ち味の制球力がより発揮できた。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  2. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  3. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです