メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西日本、4番・田村が前日までの不調吹き飛ばす猛攻の口火 

【シティライト岡山-JR西日本】一回に中前適時打を放ち、猛攻の口火を切ったJR西日本の4番・田村強=東広島アクアスタジアムで2019年9月8日午後3時46分、大東祐紀撮影

 主砲の一打が打線を覚醒させた。2点を先行された一回、JR西日本の4番・田村が中前適時打を放ち、猛攻の口火を切った。

 1死一、二塁、シティライト岡山の元プロ左腕・児山に2ストライクと追い込まれ「コンパクトに振ろう」と長打狙いから改めたのが奏功した。4球目のチェンジアップを少し泳ぎながら中堅に運んだ。その後も3連打などで一挙6点。相手の4番打者に先制2ランを浴びた嫌なムードを吹き飛ばした。

 大体大出の1年目から4番に座る右のスラッガーは、昨年はアジア大会の社会人日本代表にも選ばれた。181センチの体格を生かした長打が売りだが、チームは昨年の日本選手権から2季連続で全国大会出場を逃し「本塁打を打っても勝たないと意味がない」との思いを強めた。追い込まれれば「つなぎの打撃」を徹底している。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです