メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シティライト岡山・後藤田が11奪三振の快投 都市対抗に続き本大会出場

【光シーガルズ-シティライト岡山】2失点完投したシティライト岡山の先発・後藤田=東広島アクアスタジアムで2019年9月9日午前11時39分、大東祐紀撮影

 ○シティライト岡山6―2光シーガルズ●=9日・東広島アクア(代表決定戦)

 社会人野球の第45回日本選手権中国予選は9日、東広島アクアスタジアムで代表決定戦が行われ、シティライト岡山が光シーガルズを6―2で破り、初の本大会出場を決めた。

 低めの球で何度もバットに空を切らせた。シティライト岡山の右腕・後藤田崇作が9安打されながら、11奪三振で2失点完投を飾った。

 一回に3者連続三振。決め球にはそれぞれフォーク、カットボール、スライダーを低めに投げ込んだ。「1にこだわろうと臨んだ」と、立ち上がりと各回の先頭打者には細心の注意を払った。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです