メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重い空気を吹き飛ばす ヤマハ藤岡サヨナラ本塁打 社会人野球日本選手権東海

【東海理化-ヤマハ】延長十回裏ヤマハ無死、藤岡康樹が右越えにサヨナラのソロ本塁打を放つ=愛知・岡崎市民球場で2019年9月10日午後4時1分、鈴木英世撮影

[PR]

 ○ヤマハ5―4東海理化●(10日、愛知・岡崎市民)=2回戦

 第45回社会人野球日本選手権東海予選はヤマハが藤岡の本塁打で東海理化に延長十回サヨナラ勝ちし、12日の代表決定戦に進んだ。

 一振りで重い空気を吹き飛ばした。延長十回、ヤマハの5番・藤岡が右越えのサヨナラ本塁打。「決められて良かった」と笑みを見せた。

 先頭打者で迎えた延長十回は「長打だけを狙う」と強気だった。体の開きを修正した八回の左前打で手応えを感じていたからだ。2ボールから直球だけに絞ってフルスイングすると、打球は右翼スタンドに飛び込んだ。

 チームは四回に4点を先取したものの、追加点が奪えず、九回2死から追いつかれた。五回1死三塁で空振り三振に倒れた藤岡は「本当はあそこで決めなくてはいけなかった」と振り返る。

 富山商高、東農大出身の藤岡は3年目の今季から中軸を担う。178センチ、100キロの体格を生かしたパワーが持ち味で、サヨナラ本塁打は人生初という。「(成長の)きっかけにしたい」と勝負強い打者を目指す。【鈴木英世】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです