メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権四国予選 JR四国コールド勝ちで出場に王手 篠崎康左越えソロ

【四国銀行-JR四国】四回裏JR四国1死、篠崎康(右)が左越えソロを放って生還し、次打者の水野達稀とハイタッチする=高知市の高知市営球場で2019年9月14日午後0時55分、石川裕士撮影

 ○JR四国7―0四国銀行●=14日・高知市営(JR四国1勝)

 社会人野球の第45回日本選手権四国予選は14日、高知市営球場で開幕して2勝先取方式の第1戦があり、JR四国が四国銀行に八回コールド勝ちし、4大会連続出場に王手をかけた。

 スラッガーらしく打った瞬間にスタンドインを確信し、ゆっくりとダイヤモンドを回った。1点リードの四回1死後、JR四国の5番・篠崎康が左越えソロ。試合の流れを引き寄せる一発を放った。

 四国銀行の本格派右腕・菊池大樹の直球に狙いを絞っていた。二回の第1打席で中前打を放ったものの「直球…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです