メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐藤健人の2ラン、チームの打力強化策実る JR四国が4大会連続出場 社会人野球・日本選手権

【JR四国-四国銀行】六回裏JR四国2死二塁、佐藤(左)が左越え2ランを放ち、拳を握りながら三塁を回る=高知市営球場で2019年9月15日、石川裕士撮影

 ○JR四国10―3四国銀行●=15日・高知市営(JR四国2勝)

 社会人野球の第45回日本選手権四国予選は15日、高知市営球場で2勝先取方式の第2戦があり、JR四国が四国銀行に連勝して、4大会連続15回目の出場を決めた。

 2番打者とは思えない特大の飛球が左翼席の奥に張られた防球ネットに当たった。3点リードの六回2死二塁、JR四国の高卒8年目・佐藤健人が放った2ラン。打力強化を図ってきたチームを象徴する場面だった。

 2点を返された直後の攻撃。徳島商高時代から強打が売りの佐藤は「強く振ること」だけを考えて打席に入っ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです