メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

四国2次予選 四国銀行、波乗れず敗退 大差でも最後まで諦めず /高知

JR四国に敗れベンチに戻る四国銀行の選手たち=高知市大原町の高知市営球場で、北村栞撮影

 第45回社会人野球日本選手権四国予選(日本野球連盟四国地区連盟、毎日新聞社主催)は2次予選2日目の15日、高知市営球場(同市大原町)で1試合があった。JR四国(高松市)が四国銀行(高知市)に10―3で勝利。2次予選は2勝先取方式で、14日の初戦を制していたJR四国が2勝目を挙げ、4年連続15回目の本大会出場を決めた。

 四国予選の最高殊勲選手賞は篠崎康選手(JR四国)。篠崎選手は23打数10安打、打率4割3分5厘で首…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです