メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

四国2次予選 四国銀行、波乗れず敗退 監督・主将の話 /高知

“らしさ”出せず 四国銀行・宗武秀幸監督

 初回の3点が重かった。追い込まれた状況で自分たちらしさが出せなかった。ベテラン頼みがずっと続いているが、今回は機能しなかった。勝たせてあげられないのは監督の責任。痛感している。

追う展開厳しく

 四国銀行・柴田一路主将 先制点を取れず、追いかける展開は厳しかった…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです