メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開幕試合はシティライト岡山vs鷺宮製作所 社会人野球日本選手権組み合わせ抽選会

第45回社会人野球日本選手権大会の抽選会でくじを引くチーム関係者=大阪市北区で2019年10月2日午後2時13分、加古信志撮影

 社会人野球の単独チーム日本一と年間王座を争う第45回日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)の組み合わせ抽選会が2日、大阪市北区の毎日新聞ビル・ハートンホールであり、出場32チームの1回戦の対戦カードが決まった。大会は25日から11日間、同市西区の京セラドーム大阪で行われる。

 今夏の都市対抗を制し、史上4チーム目の「夏秋連覇」を目指すJFE東日本(千葉)は、22大会ぶりの白星を狙う日本製鉄室蘭シャークス(北海道)と対戦。初出場のシティライト岡山(岡山)は開幕試合で2大会連続13回目出場の鷺宮製作所(東京)と当たる。

 前回大会準優勝のJFE西日本(広島)は前回大会準決勝で競り勝った日本製鉄鹿島(茨城)と再戦。全日本クラブ選手権王者のマツゲン箕島(和歌山)は、過去優勝5回で今夏の都市対抗準優勝のトヨタ自動車(愛知)に挑む。今大会出場チーム中最長ブランクとなる8大会ぶり出場の伏木海陸運送(富山)は、一昨年の都市対抗覇者・NTT東日本(東京)とぶつかる。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです