メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球、強じん化へ 北信越9チームが研修 /富山

選手たちにアドバイスする杉浦正則さん(右端)=高岡市千鳥丘町の高岡西部総合公園で、青山郁子撮影

 日本野球北信越地区連盟(高橋勇四郎会長)の技術研修会が12日、高岡市千鳥丘町の高岡西部総合公園で開かれた。北信越5県の9チームから計約30人が参加した。

 北信越地区社会人野球の強じん化を目指して開催。3年目の今年は、昨年までの「新人」の枠を廃止し広く参加者を募集。講師は元日本石油監督の坂口裕之さんや、「ミスターアマ野球」と呼ばれる元日本生命監督の杉浦正則さんら4人が務めた。

 講義で、坂口さんは「マナー、モラル、意識を高く持って行動を。挑戦、順応する努力を怠らない」と社会人…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです