メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史を刻め・マツゲン箕島硬式野球部

社会人野球日本選手権/1 チーム紹介 スーパー勤務後に練習 /和歌山

保育園の清掃を手伝う選手ら=和歌山県有田市で2018年12月、マツゲン硬式野球部提供

シーズンオフには地域貢献活動も

 マツゲン箕島硬式野球部は第44回日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)で優勝し、第45回社会人野球日本選手権(同)に2年ぶりに出場する。選手全員がスーパー「松源」で働きながら野球を続けているクラブチーム。これまで日本選手権に出場したことはあるものの、勝利したことはない。悲願の1勝を目指しているチームを紹介する。【後藤奈緒】

 チームは西川忠宏監督(58)ら県立箕島高出身者が中心となり、1996年に発足した。現在は箕島高出身…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです