メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史を刻め・マツゲン箕島硬式野球部

社会人野球日本選手権/3 選手紹介 和田拓也投手(25) /和歌山

練習試合で登板する和田拓也投手=大阪府貝塚市のグラウンドで、後藤奈緒撮影

“最後”に思い込め

 今年8月の全日本クラブ野球選手権決勝では、7奪三振完封でチームの優勝に貢献した。チームを支える大黒柱の一人だ。「マウンドには1人しか立てない。全員の思いを背負って投げる」と大舞台に向けて練習に励んでいる。

 大阪府出身。大学4年の春まで公式戦での先発登板は2回ほど。目立たない選手だったが、社会人野球チーム日本製紙石巻の練習に参加したことが転機となった。自分より遅い球なのに次々に打者を打ち取るエ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです