メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史を刻め・マツゲン箕島硬式野球部

社会人野球日本選手権/3 選手紹介 和田拓也投手(25) /和歌山

練習試合で登板する和田拓也投手=大阪府貝塚市のグラウンドで、後藤奈緒撮影

“最後”に思い込め

 今年8月の全日本クラブ野球選手権決勝では、7奪三振完封でチームの優勝に貢献した。チームを支える大黒柱の一人だ。「マウンドには1人しか立てない。全員の思いを背負って投げる」と大舞台に向けて練習に励んでいる。

 大阪府出身。大学4年の春まで公式戦での先発登板は2回ほど。目立たない選手だったが、社会人野球チーム日本製紙石巻の練習に参加したことが転機となった。自分より遅い球なのに次々に打者を打ち取るエ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです