メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史を刻め・マツゲン箕島硬式野球部

社会人野球日本選手権/4止 選手紹介 岸翔太選手(26) /和歌山

全日本クラブ野球選手権の試合で打席に立つ岸翔太選手=埼玉県所沢市のメットライフドームで、後藤奈緒撮影

野球人生集大成悔いなく

 大阪ガスから移籍して5年。1年目からチームの主軸を任された。初球からフルスイングする打撃で、チームに勢いを与えてきたが、今年度で約20年間の野球人生に区切りをつける。最後の大舞台、日本選手権初戦の29日は、27歳の誕生日。「チームの歴史的1勝と自分のバースデー勝利のために悔いが残らないようにやりきる」

 京都府出身。園児の時に2歳年上の兄、遼太さん(28)の後を追って、自然と野球を始めていた。父とはよ…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです