メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイヤの頂

第45回社会人野球日本選手権/4 シティライト岡山(岡山) 競争で8強へ奮起

練習後にチームメートたちに訓示する丸山主将(右端)

 7月中旬、岡山市内の専用グラウンドで行われたミーティングのことだった。都市対抗後の初練習を終えた後、シティライト岡山の桐山拓也監督(31)は「日本選手権までに全ポジションを白紙に戻す」と通告した。

 チームは創部12シーズン目の今季、都市対抗に初出場した。それまで2大大会の出場に12回も王手をかけながら全て敗れていたが、13回目で悲願達成。本大会1回戦では宮崎市・宮崎梅田学園との初出場対決を制した。

 だが、飛躍を遂げた分、達成感から選手たちの気が緩む危険がある。桐山監督は全ポジション白紙化を打ち出…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです