JX-ENEOS継投策がピタリ 西部ガスを破る

 「第45回社会人野球日本選手権大会」は第3日の27日、京セラドーム大阪で1回戦3試合。第2試合はJX-ENEOS(神奈川)と西部ガス(福岡)が対戦し、JX-ENEOSが2-1で、西部ガスを破った。JX-ENEOSは11月1日の第2試合で日本製鉄鹿島(茨城)と2回戦を戦う。

【写真特集】JX-ENEOS vs 西部ガス

 JX-ENEOSが3投手による継投で、接戦を制した。JX-ENEOSは二回に園部の適時二塁打で先制。その裏、西部ガスは森上の適時打で同点とした。西部ガスは3イニングで5四球と制球に苦しんだ先発・山田を三回であきらめ、四回から村田をマウンドに送った。

 JX-ENEOSは五回、岡部の適時内野安打で勝ち越した。なおも2死満塁としたが先制打の園部は見逃し三振に倒れた。

 JX-ENEOSは五回2死で、あと1死で勝ち投手の権利を得る先発・江口を降板させ、西島をマウンドへ。さらに七回から登板の鈴木が、西部ガス打線を封じ込んだ。

 西部ガスは、中盤の五、六回に先頭打者が二塁打で出塁しながら打線がつながらず。四回から5イニングで1失点と好投した2番手・村田に報いることができなかった。

【JX-ENEOS-西部ガス】二回表JX-ENEOS1死一塁、園部(奥)に中越え適時二塁打を許し、打球の行方を追う西部ガスの山田=京セラドーム大阪で2019年10月27日、小松雄介撮影
【JX-ENEOS-西部ガス】二回表JX-ENEOS1死一塁、園部が中越え適時二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月27日、小松雄介撮影
【JX-ENEOS-西部ガス】西部ガスの先発・山田=京セラドーム大阪で2019年10月27日、猪飼健史撮影
【JX-ENEOS-西部ガス】力投するJX-ENEOSの先発・江口=京セラドーム大阪で2019年10月27日、北村隆夫撮影

▽先発オーダー

【J】5田中、6川口、8青山、DH山崎、7村上、4小豆沢、3園部、2柏木、9鹿屋

【西】9正木、4松薗、7永利、2木下、5井手、DH金沢、3大城、6森上、8竹松

 

▽先発バッテリー

【J】江口―柏木

【西】山田―木下