メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異色の右腕 けが復帰期す NTT西・大道寺 社会人野球日本選手権25日開幕

気合を入れて投球練習するNTT西日本の大道寺拓投手=京都府久御山町で2019年10月10日、松浦吉剛撮影

 25日に開幕する第45回社会人野球日本選手権。けがに苦しんだ選手たちは本番での復活に向け、調整に余念がない。その一人、NTT西日本(大阪)の大道寺拓投手(24)は、右肩痛に悩まされた。大学時代に内野手から転向し、まだ4年の異色の右腕。「夏まで投げられず、焦りや悔しさもある。一球一球、開幕まで一からアピールですね」と闘志を燃やす。

 大道寺投手は青森県立弘前高から筑波大を経て、昨季社会人入りした。小中高は主に内野手。転機は筑波大2…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです