メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伏木海陸運送3度目の挑戦(中)開き直りでつかんだ代表の座 社会人野球日本選手権

代表決定戦の対バイタルネット戦で、相手打線を打ち取りガッツポーズを見せる田中翔監督代行=新潟市のハードオフエコスタジアム新潟で2019年9月8日、青山郁子撮影

 1年限りの地方分散開催となった2010年の第37回日本選手権大会。伏木海陸運送(富山県高岡市)は愛知県岡崎市民球場で開かれた1回戦で、この年優勝したトヨタ自動車(愛知県)と対戦。0―10と歯が立たず、手痛い七回コールド負けを喫した。翌11年は東日本大震災の影響で大会は中止。12年以降は京セラドーム大阪から遠ざかることとなった。

 13年からは6大会連続で最終予選の代表決定戦で敗退。1点差で競り負けたり最終盤で逆転されたりするな…

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです