メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

頂点目指し熱戦開幕

ダイヤモンド旗を返還する三菱重工名古屋の安田亮太主将(奥)=京セラドーム大阪で2019年10月25日、猪飼健史撮影

 社会人野球の単独チーム日本一と年間王座を争う第45回日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)が25日、大阪市西区の京セラドーム大阪で開幕した。出場32チームが11日間にわたり、熱戦を繰り広げる。

 開幕試合は鷺宮製作所(東京)が初出場のシティライト岡山(岡山)に5―4でサヨナラ勝ちし、3大会ぶりに初戦を突破した。試合に先立ち、前回優勝の三菱重工名古屋(愛知)の安田亮太主将が優勝旗の「ダイヤモンド旗」を返還した。【石川裕士】

 この日の第2試合で日本製鉄室蘭シャークス(北海道)と対戦するJFE東日本(千葉)は、9月上旬に千葉県を直撃した台風15号で、市原市内にある球場が被害を受けた。鳥巣誉議(とりすたかのり)主将(24)は「被災した地元が大変な時だからこそ、自分たちの野球で結果を出して勇気づけたい」と思いを語る。

 台風が直撃した9月9日未明、鳥巣主将らが生活する千葉市内の会社寮も暴風に襲われ、停電で誤作動した警報装置のベルが鳴り響き、不安で眠れなかった。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです