メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つかめ!勝利の星・伏木海陸3度目の挑戦

チーム紹介/下 恩返しの全国1勝を /富山

初の全国の舞台での活躍が期待される宮前遥投手=富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで、青山郁子撮影

 「僕ら、ルーキーズってスポーツ新聞に書かれたこともありましたよ」。伏木海陸運送(高岡市)の日本選手権出場の大きな原動力となったエース、宮前遥(23)は、石川県立津幡高時代をこう振り返った。「ルーキーズ」とは、荒れた野球部の再生を描いた漫画のタイトルだ。

 入学直後の野球部は、暴力沙汰やけんかなど不祥事続き。宮前も「1週間、練習しない時もあった」。そんな雰囲気を一掃したのが2年の時に赴任した監督、北橋義仁(46)だった。北橋は当時の宮前について「ノックした後は1時間ほどただグラウンドでやじるだけ」。これではだめだと熱心に指導すると、めきめきと上達した。

 2年の夏の石川大会。不祥事で3年生が出場できず、先発出場全員が下級生。目標の1回戦を突破すると、2回戦は強豪・金沢商との対戦。延長十五回の接戦の末、2―3で惜敗したが、十分な手応えを感じた。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです