メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「悪い癖が…」シティライト岡山・岩城 サヨナラエラー悔やむ「冬は守備磨く」

【シティライト岡山-鷺宮製作所】九回裏鷺宮製作所2死二塁、保戸田の内野ゴロが一塁悪送球となり、二塁走者の代走・酒井がサヨナラの生還=京セラドーム大阪で2019年10月25日、小松雄介撮影

社会人野球日本選手権 ▽1回戦 ○鷺宮製作所5―4シティライト岡山●=25日・京セラドーム大阪

岩城祥太(しょうた)・内野手=シティライト岡山・23歳

 痛恨の悪送球だった。同点の九回2死二塁、鷺宮製作所・保戸田が放ったゴロが遊撃を守る自らの前に転がってきた。落ち着いてグラブに収め、球もしっかり握った。誰もが延長入りと思った瞬間、一塁への送球が高くそれた。サヨナラ失策。「力を抜き、一塁に軽く送…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです