メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鷺宮製作所、相手の悪送球誘いサヨナラ勝ち 日本選手権

四回表のピンチをしのぎ笑顔を見せる鷺宮製作所の先発・野口=京セラドーム大阪で2019年10月25日、猪飼健史撮影

 鷺宮製作所がサヨナラ勝ち。四回に大坂の右前適時打などで2点を先取し、六回は新納の2点三塁打で加点。同点の九回は2死二塁から遊ゴロ悪送球で決着した。シティライト岡山は相手を上回る13安打を放ち、4点差を追い付いたが、最後に守りのミスが出た。

 鷺宮製作所・目良宏監督 先発の野口が試合を作ってくれた。相…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです