メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痛恨のサヨナラ悪送球、それ以外は「楽しめた」 打撃では活躍

【シティライト岡山-鷺宮製作所】八回表シティライト岡山2死三塁、岩城が右中間適時三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月25日、猪飼健史撮影

岩城祥太(しょうた)内野手=シティライト岡山・23歳

 ○鷺宮製作所5―4シティライト岡山●=25日・京セラドーム大阪

 痛恨の悪送球だった。同点の九回2死二塁、鷺宮製作所・保戸田が放ったゴロが遊撃を守る自らの前に転がってきた。落ち着いてグラブに納め、球もしっかり握った。誰もが延長入りと思った瞬間、一塁への送球が高くそれた。サヨナラ失策。「力を抜き、一塁に軽く送球する悪い癖が出た…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです