メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

恩師に学んだ強気 NTT西新人・大江投手、初戦突破に貢献

沖縄電力戦で先発の役割を果たし、笑顔でマウンドを降りるNTT西日本の大江克哉投手=京セラドーム大阪で2019年10月25日、猪飼健史撮影

 社会人野球日本選手権で、NTT西日本(大阪)の新人、大江克哉投手(23)が25日の沖縄電力戦に先発し、5回3分の1を1失点に抑え、チームを初戦突破に導いた。花園大で3年間監督だった西岡義夫さん(82)=滋賀県長浜市=は快投をたたえ、「ピンチの時ほど、快速球で内角を突く強気のピッチングを」と次戦に向けエールを送った。

 大江投手は京都市立塔南高から花園大に進学。2年時の京滋大学野球春季リーグでは、最速148キロの直球を低めに集めて5勝し、初優勝に貢献した。開幕直前に監督になったばかりだった西岡さんは「大江君がいたからこその奇跡だ」と言う。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです