メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

室蘭、あと1本出ず 粘りの継投、強豪に互角 /北海道

【JFE東日本-日本製鉄室蘭シャークス】四回裏日本製鉄室蘭シャークス無死、大石が右越え二塁打を放つ=京セラドーム大阪で、小松雄介撮影

 第45回社会人野球日本選手権(日本野球連盟、毎日新聞社主催)に道代表として出場したは開幕日の25日、京セラドーム大阪でJFE東日本(千葉)と対戦し、1―2で惜敗した。室蘭は先制を許しながらも継投で粘り、打線も1点を返したが、今夏の都市対抗野球を制した強豪の前に力尽きた。【三沢邦彦】

 最大の見せ場は九回裏。2死から4番・小屋畑主将が右中間に二塁打を放ち、一打同点の好機を作った。三塁側スタンドは総立ちとなり、選手を後押ししたが、惜しくもあと1本が出なかった。

 今夏の都市対抗野球で東京ドームのスタンドをチームカラーの赤に染めた「日本製鉄室蘭応援団」(斉藤亮太団長)は、大阪ドームでも存在感を見せ、「行け行け、室蘭」の声援を送った。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです