メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

鷺宮、開幕試合制す 敵失でサヨナラ勝ち /東京

【シティライト岡山-鷺宮製作所】五回裏鷺宮製作所無死、茶谷が二塁打を放つ=京セラドーム大阪で、小松雄介撮影

 第45回社会人野球日本選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は25日、京セラドーム大阪(大阪市)で開幕した。他チームの補強選手が加わる都市対抗とは異なり、単独チームとしての日本一を決める大会。都勢3チームのトップを切って開幕試合に登場した鷺宮製作所は、シティライト岡山(岡山)を5―4で降した。終盤に同点に追いつかれたものの、敵失でサヨナラ勝ちを収め、2回戦(30日午後2時開始予定)へと駒を進めた。【川村咲平】

 意外な幕切れだった。同点の九回裏、迎えた2死二塁の好機。保戸田則裕の打球を相手守備が悪送球し、この間に酒井直哉がサヨナラのホームを踏んだ。スタンドの応援団は選手たちをねぎらい、次戦に向けて一層大きな拍手を送った。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです