メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

パパの雄姿、愛児へ 沖縄電力・平良大悟選手、「戦力外」危機から奮起

 京セラドーム大阪で25日開幕した第45回社会人野球日本選手権。第3試合でNTT西日本(大阪)と対戦した沖縄電力の4番打者、平良大悟(たいらだいご)選手(27)は入社8年目の昨年、ようやくレギュラーをつかんだ。素質を見込まれながら、甘さが目立ち長年控えに。「戦力外」の瀬戸際で踏ん張り、この日、応援に駆け付けた息子たちの前で雄姿を見せた。

 2010年、興南高が甲子園で春夏連覇を果たした時、同じ沖縄の糸満高3年生だった。三塁手として出場した夏の沖縄大会決勝、興南を試合中盤まで苦しめ、注目を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです