メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伏木海陸運送エース、車椅子の親友へ誓う勝利 社会人野球日本選手権

車椅子で母校のグラウンドに駆けつけた西宮隼人さん(右)と宮前遥投手=石川県津幡町の県立津幡高校で2019年6月、宮前投手提供

 お前はリハビリを、そして俺はマウンドで頑張ろう――。第45回社会人野球日本選手権大会で28日、NTT東日本(東京)と対戦する伏木海陸運送(富山)のエース、宮前遥投手(23)には、どうしても活躍を伝えたい親友がいる。石川県立津幡高時代、バッテリーを組んでいた西宮隼人さん(23)。互いに励まし合った仲だが、西宮さんは事故で車椅子生活を送っており、「勝っていい報告をしたい」と意気込む。

 2人は高1の時からバッテリーを組んだ。「気持ちが強く、サイン、配球もしっかりしていた。自分の投球にも良い、悪いをはっきりと言ってくれた」と宮前投手。2年の秋には部員わずか17人で北信越大会に進出した。2014年夏に野球部を引退し、そろって大学から誘いを受けたが、西宮さんは4人のきょうだいを1人で育てる母親を助けたいと就職の道を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです