メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京ガス・石川 痛恨の2失策「次はチームを救えるように…」社会人野球日本選手権

【日本生命-東京ガス】二回裏東京ガス2死一塁、石川が左中間適時二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月27日、小松雄介撮影

社会人野球日本選手権 ▽1回戦 ○日本生命13―6東京ガス●=27日・京セラドーム大阪

 東京ガスの三塁手・石川が2失策し、いずれも失点につながった。二回に先頭の広本の三ゴロを一塁へ悪送球し、この回に無安打で1失点。六回2死一、三塁では4番・越智のファウルフライを落とし(記録は失策)、その後に左越え3ランを打たれた。試合後は「僕のせいで負けた」と声を絞り出した。打撃では適時二塁打を含む3打数3安打。大卒3年目で、今夏の都市対抗には鷺宮製作所に補強されて出場した。「次はチームを救えるような選手になる」と誓った。

あわせて読みたい

広告
毎日新聞のアカウント

11月4日の試合

第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事