メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

JX、攻守に粘り 西部ガスに2-1 /神奈川

【JX-ENEOS-西部ガス】六回表JX-ENEOS無死、柏木選手が左前打を放つ=京セラドーム大阪で、小松雄介撮影

 第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第3日の27日、JX―ENEOSは西部ガス(福岡)と対戦。五回に岡部通織選手の適時打で勝ち越すと、投手陣がリードを守りきり、2―1で勝利した。2回戦は大会第8日の11月1日に第2試合で日本製鉄鹿島(茨城)と対戦する。県勢の東芝は28日の第3試合で王子(愛知)、三菱日立パワーシステムズは30日の第1試合で、日本新薬(京都)と対戦する。【木下翔太郎】

 試合前に渡辺美貴男主将が「粘り強く戦い抜きたい」と話したJXは、攻守にわたって粘り強さを見せ、7年…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです