メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝・岡野、力み裏目 宮川も流れにのまれ ドラフト組に悔い 社会人野球日本選手権

【東芝-王子】力投する東芝の先発・岡野=京セラドーム大阪で2019年10月28日、北村隆夫撮影

 二回2死一塁。「真っすぐで押せた」という東芝のエース右腕・岡野が外角いっぱいの144キロ直球で、王子の2番・前田を空振り三振に仕留めた。中日からドラフト3位指名を受けた制球力と直球の切れを披露したが、輝きを放つのが遅かった。

 一回に変化球を狙われ3失点。「チームを勝たせたい思いが強すぎた」。力みから変化球の制球が定まらず、ストライクを取りにいった甘い球を痛打された。二回以降は直球主体に切り替えたが、勢いづいた王子打線に毎回安打を許…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです