メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック・榎本 自身の失策で崩れる

【三菱自動車岡崎-パナソニック】二回に降板するパナソニックの先発・榎本=京セラドーム大阪で2019年10月29日、猪飼健史撮影

 パナソニックの左腕・榎本は自身の失策から崩れた。一回1死一、二塁のピンチに三菱自動車岡崎の4番・田口を内角の直球で詰まらせてボテボテの投ゴロに仕留めた。しかし、併殺を狙った二塁への送球は右にそれ、中堅へ転々と。その間に1点を失うと、さらに犠飛などで2点を追加された。二回にも1点を失って降板。都市対…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです