メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

力感ないのに最速142キロ 三菱自岡崎・仲井が13K1安打完封

【三菱自動車岡崎-パナソニック】力投する三菱自動車岡崎の先発・仲井=京セラドーム大阪で2019年10月29日、北村隆夫撮影

 抜群の球威があるわけではないし、変化球の切れが格別鋭いわけでもない。それでも、三菱自動車岡崎の29歳右腕・仲井は毎回の13三振を奪い、1安打完封を飾ってみせた。

 184センチの長身ながら、テークバックを小さくし、力感のない投げ方。打者には球の出所が見えにくく、タイミングが取りにくい。140キロ前後の直球にチェンジアップやカーブなどを織り交ぜた。

 五回、先頭の5番・井上に二塁内野安打を打たれたが、上田と田中をチェンジアップで連続空振り三振に取り、8番・川上には一転してこの日最速の142キロの直球で遊ゴロ。試合後は「1安打は出来過ぎだし、三振を多く取るタイプでもない」とはにかんだ。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです